世界には困っている人たちがたくさんいます。その人たちの状況に「待った」はありません。

一人一人が社会問題に取り組むべきだ。

祖父の影響で小学生の頃から起業志向があり、ビジネスと社会貢献の融合を目指し、「テーブルクロス」の仕組みを考案。

​城宝薫さん

日本では見た目で判断されることが多かった。

自分らしさを出したら、理解してる人

が増えて、周りの友人は「ハーフだから」という接し方ではなく、普通に接してくれた。

外見コンプレックスある人&その周りの人に対してー

湯沢 洋治さん

学生と自分自信の成長を見る事にやりがいを感じる。そのポジティブな目線や話しかけやすさなどから学生からも人気を得ている。

日本人についてよく知る彼女が日常の場面でどのようにリーダーシップを鍛えることができるのか、独自の目線から語る。

鄭 秀娟さん

菊池 宏子さん

見えないことにこそ、大切なことがあるー
「社会を彫刻する」という意識と方法で活動をしています。行為をする人=社会彫刻家が増えることが、世の中の豊かさに繋がると考えています。
発想・アイディアを生むこと自体がアート。そんなアイディアを行動に移す「行為」もアート。
 

加藤 瑞貴さん

楽しいという基準は人それぞれが持つ絶対的なもので、周りに左右されることではないー

常に楽しさを感じられるものであればモチベーションはいくらでも上がる可能性を秘めています。

「仕方なく」はもうやめよう!

坂本 曜隆さん

私は、勝利へのある法則を見つけました。
それは『無』になること。無心になり 客観的に物事を見ることこそが勝利に繋がると確信しました。​

成功の鍵は自信ではなく無心にあるということです。

​藤崎 斉さん

東京ステーションホテル立ち上げ当時

サービス業において、また世間一般の認知として「おもてなし=人的サービス」にフォーカスされすぎていることに疑問に。

人の心を動かすほどのおもてなし、最後はいつも人(思い)にあるー

©️daiya otake

  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon

日本、東京都豊島区西池袋3丁目34−1 立教大学

✉️ tedxrikkyou2020@gmail.com

©️TEDxRikkyoU 2018  all right reserved  

This independent TEDx event is operated under license from TED